MacでIMEの状態を表示する「YouType」を導入

数字を入力しようとしたらIMEがONの状態だったり、逆に日本語入力をしようと思ったらアルファベットが入力されたりと、IMEの状態が違うとイラッとしますよね。

以前はImageUpというアプリを使っていたのですが、いまいちIMEの状態が分かりにかったです。今回「YouType」を入れた見て割りと良さそうだったので、しばらく使ってみることにします。

なぜか現在App Storeには存在しないので、https://bitbucket.org/avkorotkov/youtype/wiki/Home
に行き、 Download free version からダウンロードします。「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」を開いて「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を変更する必要がありますので、ここは自己責任で。Google日本語入力を使っている場合はアイコンを追加する必要があるようです。
https://bitbucket.org/avkorotkov/youtype/wiki/google-japanese-input-eng
3)のthis archive をダウンロードして、/Applications/YouType.app/Contents/Resources/ に入れます。起動するとこんな感じ。

ブラウザのテキストボックスではこのようにカーソル横に状態が表示されて便利!
テキストをドラッグしても表示されるのでこれはちょっとウザいかな・・・

Timeline.jsで「未来の年表」を表示

新書「未来の年表」が人気のようなので、さっと読んでみました。
基本的にネガティブな内容ばかりで萎えますが、AI・ロボットの活用でなんとかなるのでは・・・と思いました。

年表ということで、JavaScriptのライブラリ「Timeline.js」を使って表現してみました。
数値データがほとんどなので、グラフで表現したほうが良かったかもしれません・・・



英検1級初受験

2016年10月9日試験の解答速報が出ましたね。
単語の学習を続けただけで、後は過去問とかの教材集めはしたものの何もしていなかったのででメタメタでした・・・

リーディング

  1.  17 / 25
  2.  4 / 6
  3.  2 / 10

リスニング

  1.  4/ 10
  2.  5 / 10
  3.  2 / 5
  4.   2 / 2

単語はパス単を中心に約400-500 / 2400 ぐらいまで覚えたくらいでしたが以外に健闘したかもしれません。ただし当てずっぽうが当たった部分が多かったので、これ以上伸ばすのはかなり大変かも。

読解は戦艦ドレッドノートとか、クリステンセンとか事前に知識のある話題だったので流し読みできそうですが、それが罠なのかどうか。どんな問題にも対応できる知識・教養を身に着けた方が良いのか、知らない話題でも高速に読める読解力をつけたほうが良いのか・・・多分両方なんだろうな。

英作文は「民主主義」が出ましたね。解答例は肯定派でしたが、最近「ゴーマニズム宣言」を読んでいたので思わず反対派に回ってしまいましたw

リスニングは1問あたりの時間がやたら長い・・・何を言っていたか忘れてしまうよ。やはり選択肢を事前に読んでおいて消去するテクがいるのでしょうか?
おまけにリスニング終了後マークシートを埋める時間がほとんど無くて、パート3の4問分マークできませんでした。準1級のときも確か同じ形式だったのかもしれませんが、余裕さが全然違うので。
とりあえず、どんな試験かはだいたいわかりました。それは過去問や問題集をやれば分かることですが、やはり本番試験じゃないと2時間以上も集中するのは難しいので・・・

ポケモンをやりつつ文単を聞く

パス単のアプリをエンドレスで流してみましたが、なかなか覚えらません・・
また、他のアプリを開いている時にバックグラウンドで再生できないのも難点です。

パス単と同じく旺文社から出ている文単(文で覚える英単語)も入手しましたが、こちらのほうが聞いていて楽しいので外で聞くときはこれを中心にやっていこうと思います。

パス単・文単の単語リストをGoogleスプレッドシートに写経(書き写)した後、エクスポートしてMicrosoft Accessに取り込み、アルクのSVLリスト(これも写経済)と照合してみました。

SVLレベル2という、やたら低い単語もありましたがが、もちろん元の意味ではなくadress(問題を取り上げる)、weather(切り抜ける)といった感じです。

文単に出ている単語でパス単のリスト(熟語除く)の大体1/4をまかなえる計算です。

SVL 文単有 文単無
2 2 5 7
3 2 4 6
4 16 11 27
5 25 30 55
6 45 56 101
7 55 99 154
8 50 119 169
9 88 101 189
10 79 171 250
11 71 281 352
12 52 230 272
57 461 518
532 1579 2100

ベン図にするとこんな感じ。

venn_result12842

iPhoneアプリのGoodReaderに音声ファイルを転送すればバックグラウンドで再生できます。ポケモンGOをプレイしてトレーナーレベルを上げつつ、歩き回って体を鍛えつつ、単語を覚えるという一石三鳥作戦です!体を動かした方が頭の働きが良くなるようなので、理にかなっていると勝手に思っています。

英検1級過去問探し

英検1級の過去問は過去6回分、2年分収録されています。
そうなると、最初に偶数年の2018年度を買った場合は以降2016年、2014年、2012年、2010年・・・・と買えばよいことになります。
ただ一般の書店では最新版しか置いていなくて、Amazonだとプレミア価格となっています。

偶数年度 奇数年度 収録
2018年度第2回
2018年度第1回
2017年度第3回
2017年度第2回
2017年度第1回
2016年度第3回
2016年度第2回
2016年度第1回
2015年度第3回
2015年度第2回
2015年度第1回
2014年度第3回
2014年度第2回
2014年度第1回
2013年度第3回
2013年度第2回
2013年度第1回
2012年度第3回
2012年度第2回
2012年度第1回
2011年度第3回
2011年度第2回
2011年度第1回
2010年度第3回
2011 2010年度第2回
2010年度第1回
2009年度第3回
2010 2009年度第2回
2009年度第1回
2008年度第3回
2008年度第2回
2008年度第1回
2007年度第3回

運良く2014年版はブックオフで発見し、なんとか定価以内で買うことができました。

解説がなくても良いなら、英検のホームページに過去問が置いていますが、3回分までしかないようです。
ファイルのURLはhttp://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/pdf/201601/2016-1-1ji-1kyu.pdf といった感じで割りと類推しやすい形なので、あまり大きな声では言えませんが魚拓を探すことを考えました。完璧ではありませんが、この方法で2012年までなら取得できますね。

英検1級学習開始

長いこと放置してきたブログですが、英検1級を申し込んだのでサボらないようログを書き留めようと思います。

昨年準1級には受かったので当然次は1級を目指すわけですが、難易度が段違いらしく合格率は10%位とおそらく準1級所持者の10人に1人しか受からない感じです。

とはいえ、受験しないことには学習する気力も生まれないので無理して申し込みました。もちろん一発合格は狙っていないのでまずは一次ですね。

書籍はいろいろ準備しましたが、とりあえずは単語!ということで定番の「パス単」をメインにやっていきます。

アプリも入手済なので、iPhoneで通勤中にやる予定です。

でる順パス単 英検1級 【旺文社】
カテゴリ: 教育
価格: ¥840 (掲載時)
販売元: PLAYSQUARE INC.

ss1

基本方針という程でもないけれど、できるだけITを活用する形で。
紙の本であれば、覚え方等のメモを書き込める利点はありますが、
すでに単語はGoogleスプレッドシートに入力済みなのでここに書き込むことにします。

EvernoteでHTMLソースを編集できるブックマークレット

Evernoteをスクラップ用に利用しているのですが、細かいところを編集しようとするとなかなか思い通りにいかなくて面倒ですよね。

特に表とかをいじっている時はHTMLソースが編集できればよいのに・・・とよく思います。

直接HTMLを編集する方法としてはディスクの奥深くにあるEvernoteのフォルダにあるファイルをいじればできるようですが、毎回こんなことをするのは面倒です。

もっと簡単なものはないかと思い探してみると・・・ありました!

HTML_source_editor_for_Evernote__web__–_a_bookmarklet__-_Seb_Maynard____seb_so-2
HTML source editor for Evernote (web) – a bookmarklet!

使い方はとっても簡単。

  1. 矢印の「Evernote HTML Edittor」をブックマーク(お気に入り)に入れる
  2. Evernoteにログイン(アプリじゃなくてWebね)し、編集したいノートを選ぶ(クリック)
  3. 先ほど保存したブックマークレットを開く
  4. 新しいウィンドウが開き、選択したノートのHTMLソースが表示される
  5. 編集が完了したら「Update」ボタンをクリック

以上でちゃんと編集したソースがノートに反映されていました!